タミヤロボットスクール
推奨年齢:小学校 中・高学年

タミヤロボットスクールイメージ写真 タミヤロボットスクールイメージ写真
小学生からはじめるプログラミング教室タミヤロボットスクール・スクール形式

タミヤロボットスクールとは

思いを実現させる力は生きる力

情報・デジタル化が更に加速する現代において、これまでエンジニアだけに必要とされてきた知識や技術が、より広い職種や環境でも求められるようになりつつあります。
それに伴い、世界各国で子ども達に対するSTEM教育※の重要性は非常に高まっています。

※Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)についての教育

私達は「モノづくり」「プログラミング」の体験と学びを通して、子ども達が試行錯誤(トライ&エラー)しながら豊かな発想を発揮し、主体的に学ぶことができる場を創出することで、これから必要とされる「生きる力」を身につけてもらいたいと考えております。

身につく力

1.論理的思考力
知識に基づいて自分の考えを組立てられる力を学びます。
2.課題解決力
試行錯誤をし自らやり切る力を養います。
3.創造力
モノづくりを楽しみながら豊かに発想する力を育みます。

タミヤロボットスクールの特徴

1やはり知識と技術は必要です。基礎をしっかり学びます。
作りたい気持ちはあっても、最低限の知識と技術がなくては、作りたいものを作ることはできません。
実践的な機械技術やプログラミングの基礎を、まずはしっかり学びます。
2なによりも試行錯誤することを重視します。
モノづくりで重要なのは「考えて、手を動かし、上手くいかず、また考える」の繰り返し。自分が作りたいイメージを明確に持てるようにし、最適な方法や解決策を見つけるための論理的思考法を、製作過程の中で子ども達が主体的に習得していくことを重視します。
3コミュニケーションも大切にします。
競技会や発表会、ときには共同作業を通じて、生徒同士が高め合い、新たな発見が生まれる学習環境を目指します。
また自分のやりたいことや思いを言葉にし、他の人に伝えられるコミュニケーション力も大切にします。

1コマ(90分)の主な流れ

  1. ティーチ
    ング

    50年以上の歴史を持つBASIC言語でプログラミングの基礎を理解します。

  2. 練習問題

    自分の手でプログラムを打ち習った内容を実践します。

  3. チャレンジ
    問題

    繰り返し問題を解き理解を深めます。

  4. 学習事項の
    整理

    今日の要点を振り返ることで授業内容が定着します。

  5. ロボット
    ゲーム

    最後は必ず”お楽しみ”を設けることで、さらなる好奇心につなげます。

使用教材

タミヤロボットスクール教材

こども用プログラミング専用パソコン「IchigoJam」キーボード他、機材一式専用カリキュラムテキスト

タミヤロボットスクール教材

カムプログラムロボット工作セット(IchigoJam搭載版)

タミヤロボットスクール教材

このケース1つあれば、自宅でもどこでもプログラミングできます!

受講スケジュール

※受講場所の都合により、スケジュールは変更になる場合がございますのでご了承下さい。
※1教室5名未満の場合は、開講しない場合がございますのでご了承下さい。

全48回 カリキュラム概要

本カリキュラムは、単にプログラミングの基礎知識を学ぶものではありません。
個々が課題に立ち向かい解決することにより、物事に対する対応力や柔軟性を育みそしてチームみんなで協力しあうことで、チームワークの大切さを学びます。

基礎コース
全24回1年間 基礎コースカリキュラム
応用コース
全24回1年間 応用コースカリキュラム

受講費用

受講費用:入会金10,000円、月額受講費4,250円、テキスト800円、教材費18,000円
他教室での振替授業にも対応!(※)

※価格はすべて税別で表記しております。
※欠席連絡のタイミングによっては、他教室への振替ができない場合もございますのでご了承ください。

協力:
タミヤロボットスクール
資料請求・お申込みはこちら
こ〜ぷプログラミングクラブ事務局 050-3628-2577 受付…9:00〜18:00 ※日曜・祝日・年末年始は除く
資料請求フォーム お申込みフォーム
※本年度の新規入会受付は終了しました。