利用規約

株式会社宮城県学校用品協会(以下、「弊社」といいます)は、みやぎ生活協同組合が主催し、株式会社仙台放送が運営するこ~ぷプログラミングクラブ(以下、「当クラブ」といいます)の商品および役務提供に関し、以下の通り入会規約を定めるものとします。入会に際しては、本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意いただく必要があります。

第1条 定義
本規約における用語を以下の通り定義します。
  1. 「会員」とは、当クラブの講座を実際に受講する方をいいます。当該コースお申込みまたは予約申込み締結とともに無償で会員として当クラブが登録するものです。なお、会員には、本規約が適用されるものとします。
  2. 「入会希望者」とは、本規約に基づき当クラブに関するご契約をいただいたご契約者本人(会員であるお子様の親権者等)をいいます。
第2条 本規約の適用および変更
  1. 当クラブの講座に関し弊社がオンラインあるいはその他の方法により随時提示する、本規約以外の特約等(以下、「諸規約」といいます)は、本規約の一部を構成するものとし、諸規約が本規約と異なっている場合には、諸規約が優先するものとします。
  2. 弊社は、事前に告知せず、もしくは会員の事前の承諾なしに、本規約とその他の諸規約を変更することができるものとし、弊社変更後、会員が当クラブの講座を利用開始した時点で、会員は、本規約とその他諸規約の内容に同意したものとみなします。なお、本サイト上に掲示するか、又は、弊社が適当と判断する合理的な方法により、会員に告知するものとします。
第3条 申込み資格
当クラブの講座の受講においては、受講資格条件等が必要なものがあります。その場合は当該講座のウェブサイトで掲示します。
第4条 申込み・承諾
  1. 当クラブの入会希望者は、本規約を承認した上で、所定の手続きに従って入会申し込みを行うものとし、弊社がこれを承諾し、当該手続きが完了した時点で、本規約に基づく契約が成立し、当クラブの会員となります。
  2. 弊社は、当クラブの入会申し込みを行った入会希望者が以下の各号のいずれかに該当する場合は、当該申し込みを承諾しない場合があります。

(1)お申込み内容に虚偽、記入漏れ、誤記があった場合
(2)過去、他の弊社サービスの規約違反等により、当該サービスの利用資格を取り消されたことがある場合
(3)クレジットカード会社の無効扱い通知を受けた場合
(4)その他弊社が会員として不適切と判断した場合

第5条 申込みの取消し・返品・交換
当クラブウェブサイトに掲示の「特定商取引法に基づく表記」に準じます。
  1. 申込み確定後の取消しは、お受け致しかねます。
  2. 教材の欠陥(乱丁や落丁など)や媒体の破壊などの不良品に関しては、教材到着後14日以内にお客様からのお申し出があったときのみ、代替品と無償で交換いたします。 この場合の郵送料は弊社で負担いたします。教材の交換を希望される際は、お手数ですが弊社までご連絡ください。
    なお、教材や媒体の不良品に対する交換以外では教材到着後の返品はできませんのでご注意ください。
第6条 当クラブ講座の利用
  1. 当クラブ講座で提供される教材および会員ページ等は、その受講資格を有する会員のみが利用できるものとします。
  2. 受講開始後に、受講資格をご家族を含めて他者への譲渡はできないものとします。
  3. 会員は、本規約にて明示的に定める場合を除き、会員による当クラブ講座利用につき一切の責任を負うものとし、他の会員、第三者および弊社に何等の迷惑をかけず、また損害を与えないものとします。
  4. 会員が弊社から購入する教材及びその付属品の所有権は、入会希望者による会員の入会手続き後、弊社から発送したこれら教材等が会員の指定住所に到達した時点で会員に移転するものとします。但し、通信講座embotの教材に含まれる専用タブレットはレンタル品とし、その所有権は当クラブに帰属します。
  5. 通信講座embotの教材に含まれる専用タブレットは、通信講座embotの受講期間の満了後または退会後は当クラブが定める方法によって2週間以内に返却するものとする。
第7条 教材および会員サポートページ等
  1. 弊社は、教材に関して、所定の期間内に宅配便又は郵送、専用サイトへの会員または入会希望者による閲覧により提供します。会員サポートページ等のウェブサービスに関し、定期的又は会員が一定条件を満たした場合に、会員のPC、タブレット、スマートフォンにてログインすることにより利用できるものとします。なお、これらウェブサービス利用時の通信料金等は会員または入会希望者の負担とします。
  2. 会員は、当クラブの講座を利用する目的において、弊社が指定する使用環境でのみ、教材および会員サポートページ等を使用することができます。
第8条 アカウントの管理
  1. 会員サポートページのログイン用のユーザID およびパスワード(以下、これらをあわせて「アカウント」といいます)は、別途当クラブの会員サポートページ登録時に登録された会員または入会希望者自身の電子メールアドレスおよびパスワードとします。
  2. アカウントをお持ちでない場合、受講開始時に、仮IDと仮パスワードを送付します。所定のウェブページを通じて、会員または入会希望者自身により、ユーザIDを電子メールアドレスに変更して利用するものとします。
  3. 会員または入会希望者は、アカウントの管理および使用について一切の責任を負うものとし、また、アカウントを第三者に貸与・譲渡・名義変更することはできません。会員または入会希望者のアカウントの使用上の過誤、管理不十分、又は第三者による不正使用等に起因して会員が損害を被った場合、弊社は当該損害につき一切責任を負いません。
  4. 会員または入会希望者は、弊社に届け出た電子メールアドレスの使用権を失った場合やアカウント情報を忘れた場合は、速やかに弊社に連絡し、弊社の指示に従うものとします。
第9条 会員の契約内容の変更・退会等
  1. 会員は、当クラブの講座ごとに定める受講期間の満了後退会となり、受講期間中に提供されていた会員サービス、特典はご利用できなくなります。
  2. 入会希望者は、弊社が別途定める手続きに従い、会員の入会、及び退会の手続きを行うことができます。入会後は、入会希望者から退会の申し出がない限り、本規約に基づく契約は自動継続されます。また、入会希望者は、自身が契約した当クラブの全ての会員に関し退会手続きを行った場合(受講されるお子様が複数おられる場合など)、もしくは会員自身がその利用資格を失った場合、当クラブを退会したものとみなされます。
  3. 入会希望者は、会員が当クラブを退会する場合、第12条に基づき退会時点までに支払い義務が生じた会費等に関し、弊社所定の方法で支払うものとし、すでに支払い済みの会費等は払い戻されません。但し、入会希望者が複数月分の会費を一括前払いによりすでに支払い済みの場合は、弊社は中途退会する会員に関し、別途弊社が定める算定方法に基づき退会日までの受講期間を差し引いた金額を会員に返金するものとします。
  4. 入会希望者が、会員の退会手続きを行った場合、会員ごとに蓄積された情報等は削除され、閲覧できなくなるものとします。
第10条 弊社による利用承認の取り消し等
弊社は、会員または入会希望者が次のいずれかに該当すると弊社が判断した場合、会員または入会希望者への事前通知なしに、当クラブ講座の利用の一時的停止等、その他弊社が適切と判断した措置を講じることができるものとします。

(1) 会員または入会希望者が第4条第2項に定める各号のいずれかに該当することが判明した場合
(2) 会員または入会希望者が、第13条の禁止行為を行った場合
(3) 入会希望者により、受講料等の支払債務の履行遅延、又は不履行があった場合
(4) 入会希望者の指定したクレジットカードの利用でクレジットカード会社により停止された場合
(5) 会員の死亡、その他会員が権利能力を失った場合
(6) 会員が第3条に定める資格を失った場合
(7) 会員または入会希望者が本規約又は諸規約に違反した場合
(8) その他、会員として不適当と弊社が判断した場合

第11条 会員サポート
  1. 弊社は、会員または入会希望者に対し、受講期間中、以下の通りサポートを無償で提供するものとします。
    (1) 会員サポートページ上での、受講講座に関する質問
    (2) チャレンジ問題が含まれる講座については、問題の受講とその答案を添削
    (3) その他弊社が別途ウェブサイト等で定める通り
  2. 本条に定めるサポート(添削を含む)の提供方法は、弊社が指定する方法に限るものとし、原則日本語のみとします。
  3. 弊社が会員に対しサポートを提供するにあたり、添削者等は弊社の裁量の下、受講期間途中で変更になる場合があります。
  4. 弊社のサポートは、会員の受講状況等を総合的に鑑みて、講座の目的に応じたアドバイス、解答解説、回答、サポートするものであり、講座内容から逸脱する質問には回答できない場合があります。
  5. 当クラブの講座について、第三者(試験実施団体)が運営する試験の合格やスコアの獲得等を保証したり、責任を負うものではありません。
  6. 弊社への質問について、質問回数、1回あたりの質問の量に上限を設けさせていただく場合があります。
  7. 前各項のほか、1回あたり多数の質問、電話による長時間の質問などで、当クラブ講座の運営に支障をきたすと弊社が認める場合、弊社はサポートの提供をお断りすることができるものとします。
第12条 入会金、教材費、受講費、テキスト代および諸費用
  1. 当クラブ講座の利用に際して会員もしくは入会希望者が支払うべき入会金、教材費、受講費、テキスト代および諸費用およびその支払方法は、本規約で定める事項を除き、弊社が別途定めるものとします。
  2. 会員もしくは入会希望者は、前項に定める費用に係る消費税を負担するものとします。
  3. 弊社は、会員または入会希望者の承諾なく、第1項の費用を変更することができるものとします。その場合、弊社は、第22条に基づく通知により告知するものとします。
  4. 当クラブ講座を利用するために発生した必要な設備費用、並びに会員サポートページの利用に伴って発生した通信料、および第1項の費用の振込手数料等は、会員もしくは入会希望者が負担するものとします。
第13条 禁止事項
会員は、以下の行為を行わないものとします。弊社は、会員が以下の行為を行うおそれがあると弊社が判断した場合、適当な措置を講じることができるものとします。
(1)当クラブ講座申込みに際し、虚偽の情報を登録する行為。
(2)他のお子さまやその保護者の方、当クラブスタッフなどに対し暴力を振るう行為。
(3)他のお子さまやその保護者の方、当クラブスタッフ、その他第三者を中傷したり、名誉を傷つける行為。
(4)法令や社会理念に反する行為。
(5)良識や品位に欠ける行為。
(6)他のお子さまやその他保護者の方、当クラブ、その他第三者の権利(商標権・著作権・著作者人格権等の知的財産権・肖像権およびパブリシティ権等を含む)を侵害する、またはその恐れのある行為。
(7)当クラブに許諾の無い商業行為や勧誘行為。
(8)その他、弊社が不適切と判断する行為
第14条 著作権等
会員または入会希望者は、当クラブを通じて弊社から提供される著作物を、著作権法で定める私的使用(著作権法第30条)の範囲内でのみ利用するものとします。
第15条 蓄積情報等に関する取り扱い
  1. 当クラブ講座の利用により弊社サーバーまたは契約先サーバーに蓄積された会員の蓄積情報、ウェブのアクセス解析サービスにより収集した操作ログ情報等に関し、弊社は、これらについて個人を特定できない統計データとして当クラブ講座の運営または販売促進活動、マーケティング活動に利用することができるものとします。
  2. 前項に基づく利用を除き、弊社は、当クラブ講座の運営等業務に必要な場合を除き、前項の蓄積情報等の内容の検閲、確認、第三者への開示を行いません。但し、以下のいずれかの場合はその限りではありません。
    (1) 会員又は公衆の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要な場合
    (2) 法令に基づく開示請求があった場合
第16条 個人情報
会員または入会希望者は、申込み手続きにおいて、弊社からの会員情報の提供の要請に応じて、正確な個人情報を弊社に提供するものとします。弊社は、別途定める『こ~ぷプログラミングクラブにおける個人情報の取り扱いについて』に従い、会員の個人情報を適切に利用し、管理するものとします。
第17条 変更の届出・カード情報の更新
  1. 会員または入会希望者は、氏名、住所、電子メールアドレス、クレジットカードの会員番号もしくは有効期限等、その他弊社への届出内容に変更があった場合、速やかに弊社に対し弊社所定の方法で当該変更の届出をするものとします。なお、当該届出がなされなかったことで、会員への通知の不達等会員が不利益を被ったとしても、弊社は会員に対し一切責任を負わないものとします。
  2. 会員または入会希望者からクレジットカードの会員番号や有効期限の変更にかかる前項の届出がなかった場合に、弊社は、会員または入会希望者の事前の承諾を得ることなくカード会社から弊社に通知された変更後の会員番号または有効期限をもって会員情報を更新し、以後当該情報をもって会費の決済を行うものとします。
第18条 サービスの中断
  1. 弊社は、以下の場合、当クラブの講座の提供の全部または一部を中断することができるものとします。
    (1) 弊社のサービス用設備の保守を実施する場合
    (2) 天災、停電、戦争等の不可抗力により当クラブの講座の提供ができなくなった場合
    (3) その他弊社が当クラブの講座の運営上、一時的な中断が必要と判断した場合
  2. 弊社は、前項の規定により当クラブの講座の全部又は一部の運営を中断するときは、あらかじめその旨を会員または入会希望者に通知します。但し、緊急時ややむを得ない場合は、この限りではありません。
第19条 弊社の責任および免責事項
  1. 弊社は、当クラブの講座の教材等に関し、破損等の物理的な欠陥・乱丁・落丁があった場合は、その程度に応じて当クラブ加盟の専用保険の範囲に基づき、交換、又は弊社が適切と判断する対応を行うものとします。なお、当クラブ専用保険の範囲については、第20条に記載の通りとします。
  2. 弊社は、当クラブの講座のサービス運営に関し、弊社所定の仕様に従って継続的に運用されるよう合理的な努力を行います。サービスの運営に関する弊社の責任は、本条に規定した義務に限定されるものとします。
  3. 弊社は、教材および会員サポートページ等、並びに会員または入会希望者がサービスを通じて得た情報等の確実性、完全性、正確性、有用性、特定の目的への適合性等について、保証するものではありません。
  4. 会員の蓄積情報に関し、弊社は、本条に規定した義務の違反がない限り、その消失、第三者による改ざん等に関し、いかなる責任も負いません。
  5. 弊社は、弊社の責に帰すべき事由によって、会員に直接かつ現実に発生した損害に限って責任を負うものとします。また、弊社の責任は、会員の当クラブの講座の受講コースにおける受講料相当額を上限とし、それを超える額については免責されるものとします。
  6. 弊社は、会員に直接かつ現実に発生した損害以外の損害(使用機会の逸失、その他の一切の間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益。)については、いかなる責任も負いません。但し、故意または重大な過失がある場合、または会員または入会希望者が消費者契約法上の消費者に該当する場合はこの限りではありません。
  7. 当クラブの受講講座において、会員または入会希望者の方との相互の間において、および会員またはその入会希望者の方と第三者との間で生じた一切のトラブル(違法行為または公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等) に関して、当クラブに故意または重過失がある場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
  8. 当クラブの講座の受講時、会員の健康・安全管理については、弊社は十分な注意を払ってこれを行いますが、万一お子さまに傷病等が発生した場合についても、弊社に故意または重過失がある場合を除いて弊社は一切の責任を負いませんのでご了承ください。
第20条 当クラブ専用保険の適用範囲
会員または入会希望者は、当該受講講座において傷害および教材の破損等があった場合、以下の定める範囲で当クラブ専用保険を当クラブに申請することができます。ただし、申請にあたり、弊社が適切ではないと判断した場合は適用外とします。また、補償にならない場合は入会希望者に費用をご負担いただくことがございます。
  1. 保険の申請は、会員が当クラブに在籍中のみ行うことができます。入会前、退会後は申請対象外とします。
  2. 保険の申請は、当該事故にあわれた日から2週間以内とします。それ以降の申請については、保険の適用にならない場合がございます。その場合は、入会希望者に費用をご負担いただくことがございます。
  3. お支払いの判断にあたっては、当クラブが定めた所定の書類を提出のうえ、当クラブが引受保険会社と協議の上判断させていただきます。
  4. 当クラブの引受保険会社はあいおいニッセイ同和損害保険株式会社とします。
  5. 保険の適用範囲は以下の通りとします。
(1)教材の破損等の補償について
【受講コース】 「alilo」コース
【補償の対象となる場所】 スクール教室内
【補償できる主な事例】
  • ロボットを誤って蹴ってしまって、ロボットが壊れてしまった。
  • ロボットを持っている最中に落としてしまって動かなくなってしまった。
  • ショート等により、ロボットが動かなくなってしまった。
  • 飲み物をロボットにこぼしてしまい動かなくなってしまった。 等
【補償できない主な事例】
  • ロボットを落としてしまったが、すり傷程度だった。
  • スクール教室の外にロボットを持ち出して落としてしまった。
  • 消耗、劣化によってロボットが動かなくなってしまった。
  • 地震によってロボットが落ちてしまい壊れてしまった。
  • 水災によってロボットが水びたしになって動かなくなってしまった。
  • ロボットを紛失してしまった、置き忘れてしまった。 等
【受講コース】 「ソビーゴ」コース
【補償の対象となる場所】 スクール教室内
【補償できる主な事例】
  • 飲み物をこぼしてタブレットが動かなくなってしまった。
  • タブレットを落としてしまい、壊れてしまった。
  • ショート等により、突然タブレットが使えなくなってしまった。等
【補償できない主な事例】
  • スクールの外で壊してしまった。
  • タブレットを操作している最中に、すり傷・かき傷ができてしまった。
  • 消耗、劣化によってタブレットが動かなくなった。
  • 地震によってタブレットが落ちてしまい壊れてしまった。
  • 水災によってタブレットが水びたしになって動かなくなってしまった。
  • タブレットを紛失してしまった、置き忘れてしまった。等
【受講コース】 「embot」コース
【補償の対象となる場所】 会員または入会希望者のご自宅内
【補償できる主な事例】
  • 飲み物をこぼしてタブレットが動かなくなってしまった。
  • タブレットを落としてしまい、壊れてしまった。
  • ショート等により、突然タブレットが使えなくなってしまった。等
【補償できない主な事例】
  • 自宅の外で壊してしまった。
  • タブレットを操作している最中に、すり傷・かき傷ができてしまった。
  • 消耗、劣化によってタブレットが動かなくなった。
  • 地震によってタブレットが落ちてしまい壊れてしまった。
  • 水災によってタブレットが水びたしになって動かなくなってしまった。
  • タブレットを紛失してしまった、置き忘れてしまった。等
【受講コース】 「タミヤロボットスクール」コース
【補償の対象となる場所】 スクール教室内
【補償できる主な事例】
  • ロボットを誤って蹴ってしまって、ロボットが壊れてしまった。
  • ロボットを持っている最中に落としてしまって動かなくなってしまった。
  • ショート等により、ロボットが動かなくなってしまった。
  • 飲み物をロボットにこぼしてしまい動かなくなってしまった。等
【補償できない主な事例】
  • ロボットを落としてしまったが、すり傷程度だった。
  • スクール教室の外にロボットを持ち出して落としてしまった。
  • 消耗、劣化によってロボットが動かなくなってしまった。
  • 地震によってロボットが落ちてしまい壊れてしまった。
  • 水災によってロボットが水びたしになって動かなくなってしまった。
  • ロボットを紛失してしまった、置き忘れてしまった。等
(2)会員の傷害の補償
病院にて治療いただくことが補償の条件となります。
【受講コース】 「alilo」コース、「ソビーゴ」コース、「タミヤロボットスクール」コース
【補償の対象となる場所】 スクール教室内、通学中
【補償できる主な事例】
  • スクールへ向かう途中、交通事故に逢いケガをしてしまった。
  • スクールの階段から落ちてケガをしてしまった。等
【補償できない主な事例】
  • 地震によって転倒し、ケガをした。
  • 病気を発症してしまった。
  • ケガをしてしまったが、病院にて治療を受けなかった。等
【補償額】
  • 死亡後遺傷害・・・最高500万円
  • 入院(1日につき)・・・3,000円
  • 通院(1日につき)・・・2,000円
(3)会員の賠償責任の補償
法律上の損害賠償責任を負担した場合に適用となります。
【受講コース】 「alilo」コース、「ソビーゴ」コース、「タミヤロボットスクール」コース
【補償の対象となる場所】 スクール教室内、通学中
【補償できる主な事例】
  • スクール内にてふざけていたため、他の生徒にケガをさせた。
  • スクール内にて誤って機材を壊してしまった等
【補償できない主な事例】
  • スクールの往復中に自転車で他人にケガをさせてしまった。
  • 心神喪失状態で他人にケガをさせてしまった。等
【補償額】 1事故5,000万円まで
第21条 サービスの変更・中止および譲渡
  1. 弊社は、営業上その他の理由により、当クラブの講座の全部または一部につき、内容変更や、提供を中止することがあり、その場合、少なくとも1ヵ月前に弊社が電子メールおよび当クラブのウェブサイト上での告知により会員または入会希望者に通知するものとします。
  2. 弊社は、当クラブの講座に関する営業の全部または一部を第三者に譲渡する場合、会員または入会希望者に事前に電子メールおよび当クラブのウェブサイト上での告知により通知することをもって、本規約に基づく全ての弊社の権利および義務を承継、売却、合併、その他の方法で、譲渡することができるものとします。また、会員または入会希望者は、この場合、弊社がかかる権利および義務を譲り受ける者に会員の蓄積情報、およびその他個人情報の開示をすることを了承するものとします。
第22条 通知
弊社が当クラブの講座に関連する会員または入会希望者への通知を、以下のいずれかの手段で行うことにより合理的期間経過後に会員または入会希望者に到達したものとします。
(1)当クラブのウェブサイト上に告示する方法
(2)全ての会員または入会希望者に対して通知を一斉に送信する方法
前項の他、個別に会員または入会希望者に対して弊社が通知を行う手段は、電子メールまたは当クラブのウェブサイト上とするものとします。会員または入会希望者が、これらの通知を確認しなかったことにより不利益を被ったとしても、弊社は会員または入会希望者に対し一切責任を負わないものとします。
第23条 反社会的勢力でないことの表明・確約
  1. 入会希望者が下記②のいずれかに該当、または該当する行為をし、①にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、宣告なしに当クラブからの退会を宣告されても異議を唱えられません。また、これにより損害が生じた場合でも一切入会希望者の責任とします。
    ①当クラブでの活動に際し、現在②のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。
    ②暴力団・暴力団員・暴力団準構成員・暴力団関連企業・総会屋・社会運動標榜ゴロ・政治活動標榜ゴロ・特殊知能暴力団等・その他これらに準ずる者。
  2. 入会希望者は自らまたは第三者を利用して次の各項に該当する行為を行わないことを確約します。
    ①暴力的な要求行為。
    ②法的な責任を超えた不当な要求行為。
    ③取引に関して脅迫的な言動や暴力を用いる行為。
    ④風説を流布し偽計・威力を用いて信用を毀損しまたは妨害する行為。
    ⑤その他これらに準ずる行為。
  3. 本規約において、反社会的勢力とは次のものをいいます。
    ①本規約に関連する関係法令に違反した者。
    ②反社会的勢力でなくなった日から5年を経過していない者。
    ③反社会的勢力と雇用関係・出資関係・資金提供関係・取引関係その他継続的契約関係にある者
    ④報道機関により、反社会的勢力である旨または①から③までのいずれかに該当する旨が報道され、反社会勢力であるとの合理的疑いが生じたにもかかわらず、合理的根拠を示してその疑いを解消することができない者。
  4. 当クラブ入会にあたって以下の事を確約していただきます。
    ①入会希望者は、自らが反社会的勢力に該当することとなった場合には、直ちに当クラブに報告いたします。
    ②入会希望者は、当クラブから合理的根拠に基づいて反社会的勢力である合理的疑いを提示された場合、当クラブの調査に協力し、必要な情報を提供いたします。但し、これを拒絶することに正当な理由がある場合はこの限りではありません。
第24条 準拠法
本規約に関する準拠法は、日本法とします。
第25条 管轄裁判所
当クラブの講座および会員サポートページの利用に関して、弊社と会員または入会希望者との間に、訴訟の必要が生じた場合は、仙台地方裁判所を第一審の専属的合意裁判所とします。
2018年12月25日制定
2019年1月7日施行